自宅で簡単に低コストで歯のヤニ取りをする方法

長年にわたって煙草を喫煙していると、歯が黄ばんできていると周りの人たちから指摘されたり、自分でも歯が黄ばんできたな、と気づくときがあります。黄ばみの原因は煙草のヤニによるものです。とくにヘビースモーカーの人はヤニが歯の表面に付着しやすくなります。
このヤニは一旦付着してしまうと、歯みがきなどでどんなに磨いてもなかなか簡単には落ちてはくれません。ヤニが前歯などに付着していると、人前で大きな口をあけてしゃべったり笑うのも躊躇ってしまうものです。そこで、なんとかしてこのヤニを取っておきたいものです。
自宅で簡単に低コストでヤニ取りをする方法があります。それは重曹を使う方法です。スーパーの製菓材料コーナーなどで売られています。使用する重曹は、かならず身体に悪影響のない食用のものを使用しましょう。安価なので、お金がない場合でもヤニ取りをすることができるのが嬉しいところです。
ヤニ取りの方法は、重曹を少量歯の表面につけて、柔らかめの歯ブラシで軽く磨きます。このときあまりゴシゴシと力を入れて磨きすぎないようにします。でないと重曹には研磨作用があるので、歯のエナメル質を傷つけてしまうおそれがあるからです。最初はなかなか落ちなくても、何度か磨いているとじょじょに汚れが落ちていきます。重層を使用した歯のヤニ取りは、頑固なヤニを自宅で簡単に落とすことができるので、長年ヤニの汚れに悩んでいる人にはおすすめの方法です。